名古屋大学

名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻 English 新学術領域研究(環境記憶統合) 新学術領域研究(植物環境突破力) 先端的低炭素化技術開発(ALCA)
トランスフォーマティブ生命分子研究所遺伝子実験施設
What’s New!
Overview

私たちは、植物がどのようにして周囲の環境変動を察知し、応答し、生きているのか、いわゆる「植物の環境応答」について、モデル細胞である気孔孔辺細胞を主な研究材料として、気孔開閉のシグナル伝達、細胞膜H+-ATPaseの活性制御機構や植物細胞の伸長生長の分子機構の研究を進めています。研究内容(一部)の動画紹介はこちらになります。

 中道範人 特任准教授の研究内容については、こちらをご覧下さい。  土屋雄一朗 特任准教授の研究内容については、こちらをご覧下さい。

木下 俊則

トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)教授
大学院理学研究科 生命理学専攻 植物生理学グループ 教授
遺伝子実験施設 施設長


Announce

当グループでは、大学院生を募集しております。
研究内容に興味のある方は、ご連絡ください。